1. HOME
  2. 日々の暮らし
  3. 催事
  4. 薪ストーブ料理 ヤンソンさんの誘惑

薪ストーブ料理 ヤンソンさんの誘惑

年末、いかがお過ごしでしょうか?
我が家の忘年会、薪ストーブで「ヤンソンさんの誘惑」を楽しみました。

「ヤンソンさんの誘惑」はスウェーデンではポピュラーなグラタン料理の一種で、クリスマスの定番のご馳走だそうです。
そのいわれは諸説あるようですが、ヤンソンさんという名の厳格なベジタリアンの宗教家が、この料理の誘惑に勝てず、ついパクリ・・・と伝わっています。
東京ストーブさんから作り方をご紹介頂き、我が家の定番になりつつあります。

我が家の薪ストーブは、バーモントキャスティング製イントレピッドⅡ。
小型なので、小さいスキレット(15㎝)で調理します。

レシピ(2人分、スキレット2つ分)
じゃがいも・・・2~3個
玉ねぎ  ・・・1個弱
アンチョビ缶(フィレ)・・・1缶
生クリーム・・・150ml(炉内で吹きこぼれない程度)
パン粉・・・適量
チーズ・・・適量
塩コショウ・・・適量

1)じゃがいもは太めのせん切りにし、玉ねぎは薄切りに。
2)玉ねぎはバターで炒めるか、電子レンジで2分ほど。
3)スキレットにバターを塗ります。
4)じゃがいも1/2、玉ねぎ、アンチョビ、じゃがいも1/2の順番でスキレットにのせます。
5)生クリームを全体にかけ、チーズをかけます(パン粉はお好みで)

薪ストーブの温度が220℃程度になったら、薪を崩して、熾火(炭火)にし、
炉内に薪ストーブ用の五徳を入れます。
そこに「ヤンソンさんの誘惑」を投入!

電気・ガスオーブンでは200℃で30分程度のところ、
薪ストーブでは10分程度で完成。
取り出すときにワクワクします!

アツアツのチーズ、
ホクホクのジャガイモ、
絶妙な塩加減のアンチョビ、
そして、薪の風味が最高です!

そんな薪ストーブで作る「ヤンソンさんの誘惑」を試食できるイベントを開催します!
詳細はこちらのブログ↓をクリック下さい。

「大人の火遊びのすゝめ」1/25,26開催

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。