1. HOME
  2. 日々の暮らし
  3. 催事
  4. おせちに飽きたら、薪ストーブ料理

おせちに飽きたら、薪ストーブ料理

今年もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

我が家では新年早々、おせちのデザート代わり?として、
薪ストーブで「アップルクランブル」を楽しみました。

秋から冬にかけて、りんごがおいしい季節になると、
イギリスの家庭では「アップルクランブル」という
焼き菓子をつくるのが風物詩だそうです。
東京ストーブさんから作り方をご紹介頂きました。

レシピ(2人分)
りんご・・・3/4個
レモンの絞り汁・・・1/4個
薄力粉・・・50g
きび糖・・・25g
無塩バター・・・25g(薄くスライスして冷蔵庫で冷やしておく)
お好みで、シナモンパウダーやレーズン

1)りんごは皮をむき、8等分のくし形に切り、芯を除きいちょう形にスライス。
ボウルに入れてレモン汁を加え混ぜる。(お好みでシナモンパウダーを)

2)スキレットに無塩バター(分量外)を塗り、1)のりんごを敷く。

3)クランブルをつくる。
ボウルに薄力粉ときび糖を入れざっと混ぜ、冷たいバターを加え、
すりつぶすように混ぜそぼろ状にする。

4)2)の上にクランブルを平らにきっちりかぶせる。

5)薪ストーブの温度が280℃程度になったら、薪を崩して、熾火(炭火)にし、
炉内に薪ストーブ用の五徳を入れます。
そこに「アップルクランブル」を投入!

電気・ガスオーブンでは、180℃で40分程度のところ、
薪ストーブでは10分程度で完成。
クランブルの表面がきつね色になるのが食べごろです。

中のリンゴも火が通っています。

お好みで、アイスクリーム、ミントを添えます。

クランブルはサックサク、
リンゴはトローリ、
そこに冷たいアイスクリームとの相性が最高です!

そんな薪ストーブで作る「アップルクランブル」を試食できるイベントを開催します!
詳細はこちらのブログ↓をご覧ください。

「大人の火遊びのすゝめ」1/25,26開催

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。