1. HOME
  2. 日々の暮らし
  3. 催事
  4. 【見学会】北向き一戸建ては採光と素材次第で明るい家になり庭も楽しめる!

【見学会】北向き一戸建ては採光と素材次第で明るい家になり庭も楽しめる!

北向きでも明るい家になる?

一般的な住まいは、南向きに開かれた明るいものをイメージされることが多く、北向きは暗いと敬遠されます。
しかし、北向きの住まいでも設計の工夫次第で明るさも風通しも申し分のない、住まいを実現できます。

明るい家のひみつは、吹抜けと漆喰壁?

北から注がれる柔らかく安定した光だけでも、住まい全体を明るくする方法があります。

北向きで明るい家のひみつ、1つめは吹抜け

吹抜けが空間に広がりを与えるだけでなく、光や風、音の通り道でもあります。
吹抜けを通して、住まいの奥まで光を届けることも可能です。

北向きで明るい家のひみつ、2つめは漆喰壁(押さえ仕上)

漆喰壁は白いペンキ等と比べても光の反射率が最高ランクであり、強くない光でも反射を繰り返して、住まいの隅々まで届けることができます。


また、漆喰壁は押さえ仕上にすると、表面の非常にきめ細かくなります。
わずかな光の変化も映し出すことができ、光の移ろいを楽します。

北向きの家、庭は順光が美しく、景色が楽しめる

南向きの部屋から庭を眺めると、太陽はこちらに向かって差し込むので、逆光となります。
北向きの部屋から庭を眺めると、太陽は背中から差し込むので、順光となります。
庭は、順光で眺めたほうがより美しく楽しめます。

北向き一戸建ての採光は、実は優しく落ち着く

「放浪記」などの作者 林芙美子は新築した自邸で、書斎を明るい場所に設けましたが、「明るすぎる」と言って書斎を比較的暗い部屋へ移したそうです。


南からの光は、太陽から直接届くことが多く、太陽の方角・高度により時々刻々変化し、眩しいときも少なくありません。
一方で北からの光は、太陽から直接届くものは少なく、雲や周囲の建造物等から反射したものなので、柔らかで安定したものとなります。
活動的な空間が欲しい人は南向き、
落ち着いた空間が欲しい人は北向きがお勧めです。

北向きの家でもOMソーラーなら温かく省エネ?

一般的に、南向きの住まいは冬温かく夏暑く、北向きの住まいは冬寒く夏涼しいです。
温暖化が進み、猛暑日が年々増加している関東では、北向きもありえると思います。
また、OMソーラーを設置すれば、冬でも省エネで温かく暮らせます。
OMソーラーの詳細はこちら

北向きの明るい家、見学会のご案内

2022年5月29日(日)に北向きの家「心自ずから閑なり」の見学会を開催します。
真っ白な漆喰壁で拡散される優しい光を実際に体験してみませんか?

見学できるのは、オーナーへ引き渡す前の今だけの貴重な機会となります。
お早めに下記からご予約ください!
詳しい案内はこちらから

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。